日本カトリック障害者連絡協議会の紹介

カトリック障害者連絡協議会の紹介

【日本カトリック障害者連絡協議会のシンボルマーク】
ヨハネ・パウロ2世教皇は、日本にいらっしゃるために、日本語を覚えられるほど日本の信者を親しく思っていらっしゃったので、
この「わ」を教皇さまに書いていただこうとお願いしました。
教皇さまは、この「わ」の意味を考えて、このように書いて下さいました。
即ち一人ひとりの人間が集まってひとつの輪になって、心と力を合わせて、一緒に進むことを、完全を表す「円」の形で、
そして私達がキリストの精神によって歩むことを「十字架」の形で表した下さったものです。

当協議会は、1982年7月に発足したカトリック教会の中にある障害者団体の横の連絡機関です。
1981年国際障害者年に教皇ヨハネ・パウロ二世が来日され、これをきっかけにカトリック障害者団体及び有志が集まりました。お互いに手を取り協力し合って、社会の福音化のためにより大きな力となって一緒に活動することをめざして当協議会を作りました。
カトリック教会内で、これまでに障害のある方が生きいきと活動してきたところもありますが、多くの教会内では、団体としてはもちろん、個人一人ひとりは声すら出すところがありませんでした。
 これからも各教区におられる方々と力を合わせ障害者団体及びグループを立ち上げることを目指します。

○総会 (3年に1回開催)→京都、大阪、横浜、仙台、東京、広島、高崎、大阪、東京、新潟、名古屋、札幌、横浜(2021年は長崎)
○各教区地区での障害者の集い
→大阪、名古屋、埼玉、横浜、札幌、
○「加盟団体意見交換会・セミナー」を随時開催、
○機関誌「わ」発行年3回予定

加盟団体・グループの紹介

仙台教区病障連合会
・カソック仙台
・福島県カトリックグローリア会
・群馬カトリック身障者グループ
・カトリックさいたま教区障がい者連絡協議会
・東京オリーブの会
・横浜オリーブの会
・ラルシュ・かなの家 (横浜教区)
・カトリック名古屋教区障害者連絡会
・子羊の会 (京都教区)
・カ障連大阪フレンドリー
・カ障連山口
・福岡オリーブの会
・障がい者自立支援パッションの会(鹿児島教区)
・一粒の麦の会サクラ (長崎教区)
・カリタス家庭支援センター